真夏竜の獅子の独り言。真夏座 座長。

2012年09月03日

拝啓皆皆様!竜じいです。お早うございます。9月始めの週始めの月曜日 如何お過ごしでしょうか?先週土曜日の小部屋で東京民話を読ませて頂きました。むか〜し昔、ある居酒屋で 鮮やかな胴を打たしたら誰にも負けないと云う道場主の弟子と、強い剣術氏の指南役の家来が それぞれの主の自慢話しが拗れ とうとう主同士が闘う羽目になった。大勢の見物人の中での闘い!息を呑む緊張感が続く!暫くの間、二人は一歩も動かず!道場主は思った。確かに強い!だが、スキが見つかれば、胴を打つ事ができるやも知れ無い、しかし田舎道場主に負けたとあっては…。 指南役のいや御家の面子にも関わる。双方に多くの死人も出るやも知れ無い・…。そう思った道場主は、突然剣を置き 参ったとひれ伏した。それを見た指南役は近づき、いや貴殿の方こそ強かった!と讃えた。この二人の心優しい武士道に、人びとはいつまでも 賞賛したと云うことでございます。そんな話しをしている同じ時間に、同じ六本木で 殺人事件が!何だかですねぇ………。皆さんにとりまして今日1日平和な1日で有りますように!では又次
回!竜
  


Posted by 真夏座 at 10:56Comments(3)