真夏竜の獅子の独り言。真夏座 座長。

2013年07月07日

拝啓皆皆様!竜じいです。お早うございます。日曜日の今日、如何お過ごしでしょうか?昨日の小部屋ですが、無事に終える事が出来ました有り難うございました!4作品のうちの1作品に(七夕さま)を読ませて頂きました。むか〜し、男が川の近くを通りかかると、若い娘たちの愉しげな声が聞こえます。行ってみますと、天女たちが枝に衣をかけ、水浴びをしています。男は、あまりにも美しい衣の一つを枝から持ち帰って仕舞いました。次の日、一人天女がしくしく泣いております。聞くと衣が無くなり、天に戻れないと云う。自分が…とも言えず、天女を家に連れて帰り…お嫁さんに…かわいい子供も生まれ、幸せに暮らしておりましたある日。天女は天井に掛かる棒に…包を見つけます。開けると中から自分の天衣が…天女は、その衣を着…子供と一緒に天へ…その時(千のワラジを作って、うりの木の下に埋めると、私たちと会えますよ)と言って帰っていきました。男は必死にワラジを作りましたが、辛抱堪らず999個をうりの木の下に…すぐに成長して天に伸びるうりの木…うりの木に乗って天に向かう男…あと一歩の所で届かない男…そ
こに天女登場!天女に助けて貰った男は、両親に紹介されますが…お父さんは気に要りません!無理難題の仕事を次から次と頼まれます…天女がことごとく助けてくれます…さて、最後の難題は…炎天下のうり畑の見張りです。天女は(喉が渇いても、決してうりを食べてはいけませんよ)と忠告します。しかし、男は我慢できず、うりを一つ食べようとした その時!うりの中から洪水が起り…男は流され…男と天女は離ればなれに…天女のお父さんは不憫に思い、一年に一度二人を会わせたのでした。うりからの洪水が、(天の川)なんだそうで…その日が今日、7月7日だそうです。皆さんにとりまして、今日も幸せな1日で有りますように!では又次回!竜
  


Posted by 真夏座 at 10:12Comments(4)