真夏竜の獅子の独り言。真夏座 座長。

2012年07月05日

拝啓皆皆様!竜じいです。お早うございます。昨日、WOWOWでフランス映画 アランドロン主演 暗黒街の二人を見ました。後味の悪い映画でした。銀行強盗の主犯で収監された所から始まり、12年の刑期を模範囚として出所します。愛する妻の為に足を洗いますが、運悪く逮捕した刑事と出逢いまして、必要なまでの疑いをかけられます。その刑事の上司も見兼ねて、いい加減にしろよ と注意しますが聞き入れず、見ている側も憤りを感じる追い詰め方をします。とうとう、真面目に更生しようと真剣に思っていた青年を殺人者にして仕舞います。その刑事は自らの死で 果たして満足だったのでしょうか?最後は死刑に成り ギロチンの場面で終わります。今の法のあり方 人の秩序とかを風刺した内容だと感じましたが。う〜ん。皆さんにとりまして今日も1日穏やかな1日で有りますように!では又次回!竜



この記事へのコメント
考えさせられる内容ですね。
機会あれば、観てみたいと思います。残忍な表現箇所があっても、民話のように、最終的に救われる部分があるといいんですけどねぇ…
Posted by GRS at 2012年07月05日 09:21
真面目にコツコツ頑張れば絶対報われるよー、と子どもに教えつつ、世の中そんなに真っすぐでも綺麗でも無い、って虚しく思うもんです。ほんの少しの歪みが一つの人生を大きく変えてしまうってあることだけど、怖いですね。政治家さんたちもその映画観て、背筋寒い思いしてみると良いかも!
Posted by 智子 at 2012年07月05日 10:34
考えさせられますね。

おおとりげんとして、質問したいのですが、

自分達は誰を信じて頑張ったら良いのでしょうか?


今後、消費税があがり電気代があがる。誰も望んで居ないのに、政治生命をかけると言って、この国を崩壊しようとしている政治家、民主を信じて一票入れたのに、蓋を開ければこの有り様、こんな党に入れた自分にも責任ありますが、いつまでこの状況たえないといけないのでしょうか?


自分らは、いいですがこれからの子供たちはどうなってしまうのでしょうか?
Posted by マッキー2号 at 2012年07月06日 00:25
犯罪に関しては、この映画の場合は極端な表現ですが、どちらの立場に立つかで「犯罪とその後」の見方が変わってくると思います。私は、『女子高生コンクリート詰め殺人事件』の加害者が、未成年だったということで大した刑にもならず、今は普通に結婚して子供までいる、、と聞いた時、例えば自分が被害者の親だったら、許せない事実だなと思いました。でも、それがジャスティスなんですね。人の世は分からないことばかりです。
Posted by NK at 2012年07月06日 08:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。