真夏竜の獅子の独り言。真夏座 座長。

2012年11月25日

拝啓皆皆様!竜じいです。お早うございます。三連休の終わる週末の日曜日、如何お過ごしでしょうか?気持ち良い青空ですねぇ〜。この時期、何かと心寂しくなって居るような…。そう云う季節なのでしょうねえ〜。昨日の小部屋も、ちょっと切ない構成に成って仕舞いました。傘地蔵とハナタレ小僧は、音楽なしの語りに、乳母捨て山と雪うさぎは 吉田兄弟とチェンミンさんで。その切なさの為か、終わってからも 沈黙の多い空気感に包まれて仕舞いました。明日は全国的に雨模様だそうです。今日の青空を楽しみましょう。皆さんにとりまして、今日も1日充実した1日で有りますように!では又次回!竜



この記事へのコメント
クールダウンもたまには良いかもしれません。ダウンし過ぎは悲しいですが。この頃涙もろいワタシですが、若い頃は一眠りしたら辛いことを忘れていたのに、今は石のように胸に詰まって重なって重たくなりました。民話の悲しい話、寂しい話のココロが理解出来るようになりました。今日は楽しいことあるかなあ。竜さんに良いことありますように。
Posted by 智子 at 2012年11月25日 09:32
その構成は切ないですね~。同じ作品でも、音楽ひとつでその日の世界が変わるところは、小部屋の面白い点だと思います。
Posted by GRS at 2012年11月25日 10:56
真夏さん、こんにちは。昨日はありがとうございました。僕はその静かな空間も良いと思いました。うまく言えないのですが物語の情景や訴えかけている事をもっともっと深く考えられるから…と言うのでしょうか…これからも色々な物語から発するメッセージを胸に日々を大切に過ごしていきます。
Posted by TezRider at 2012年11月25日 17:02
 真夏竜様、初めまして。新潟県在住48才の男です。もう小学三年生からのファンで、ずっとファンレターを送りたい。一度お会いして、感謝の念をお伝えたいと願っていた者です。

 私は幼児期より家庭環境に恵まれず、周りの大人たちに言われるままに自分が生まれてきたことさえを嘆き、なるべく他人様の邪魔にならない様、怯え、無口に過ごし、神社に鳥居をくぐっては柏手を打って「早く自分を天国へ連れて帰ってください」と祈っていた日々を繰り返していました。

 だけど、小学三年生の私はウルトラマンレオを毎週見る度、「こんな自分だって、隣にいてくれるウルトラマンもいる!」と感涙しましたものです。いつだって、おおとりさんは声を隠して泣いている自分を励ましてくれました。そして「前に出ろ!戦え!」とメッセージを送ってくれました
 。私はそれが切っ掛けで空手を習い始めました。そして「大人になったら俺はおおとりゲンになるんだそして。淋しい哀しい子供の側にいるんだ、励ますんだ!」と夢想しました。

 時は流れて、現在、自分は空手の指導者になって子供たちに関わっています。ウルトラマンレオは、いや、真夏さんは、私に「これが運命だから仕方がない」と思っていることに対いして「抗え、前に出ろ!戦え!」と教えてくださいました。私はウルトラマンレオで学んだまま今にいます。
 真夏様、いつかお会できる日を願っております。
 お体にお気を付けお過ごしください。
 あなたは永遠の指針です。
Posted by 荒井 at 2012年11月25日 23:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。