真夏竜の獅子の独り言。真夏座 座長。

2013年11月15日

拝啓皆皆様!竜じいです。昔(秋冬)と云う歌が有りましたが…そんな週末の金曜日、如何お過ごしでしょうか?明日は久々の小部屋です〜。そろそろ竜じいモードに〜。午後より ひとりリハーサルをしましょうかねぇ〜。皆さんにとりまして、今日も清々しい1日で有りますように!では又次回!竜



この記事へのコメント
ひとりリハーサルされるんですか〜。もう何を演るかお決まりですか?この頃新しい小学校で読み聞かせを始め、田舎と違い勉強熱心な学校なので、授業準備があるので短めに、と子どもたちからお願いされて淋しく思いました。そしたら図書館へ行く熱意が出なくて。熱心な聴衆に支えられての読み手だなと痛感すると共に、熱心を引き出すのが読み手の力だなと思いました。竜さんの小部屋に行きたいですー。
Posted by 智子 at 2013年11月15日 12:26
明日が楽しみですね~(*^^*)♪
ところで真夏さん、話は何ですが(笑)…私も1つ民話を作ってみました~♪

題名は『マッチ売りのえぞりす』です♪

昔々、ある雪国の山のなかに一匹の貧しいえぞりすがおりました。そのえぞりすは、いつもお腹を空かせていて、人里に降りては、人間の庭の餌台に置かれている、向日葵の種や胡桃などを食べさせてもらう代わりに、恩返しとしてマッチを物々交換しておりました。
ある日、餌をもらうためのマッチも手元にもなくなってしまったえぞりすは、飢えと寒さで凍えしにそうに、雪のふりしきる吹雪の中をさ迷い、今にも倒れそうになりながら歩いていました。えぞりすはもう意識が朦朧とし、とうとうと眠くなり、雪の上に倒れてしまいました…。すると、その時、遥かかなたの宇宙のM77星雲から、ウルトラマンレオがやってきました。そして、瀕死の状態になって倒れていたえぞりすを、レオは手元に救い
あげて、フーッと息を吹き掛けました。すると、えぞりすはミルミルからだが温かくなり、お腹が空いていたのもいつのまにか忘れてしまいました。そして、レオはえぞりすに小さな変身指輪をくれました。その指輪がピカッと光ったとき人間になれる、そして天敵にも襲われそうになった時にも、急にでかくなって人間になるので、鷲やとんびや鷹やきつねなどは、びっくりして、君に寄り付かなくなるだろうと教えてくれました。えぞりすには、レオがまるで神様のように神々しく見えました。そしてえぞりすは、レオに向かって何度もお礼をいうと、自分の山に帰っていきました。レオもその様子をみて安心したのか、シュワッちして、M77星雲に帰っていきました。それからのえぞりすは、天敵にも襲われることなく、物々交換のマッチも要らなくなり、平和に暮らしましたとさ~~~(*^^*)♪
シュワッち♪♪♪
という民話でした!(^^)/

真夏さん、一人リハーサル、頑張ってください♪
Posted by えぞりす45 at 2013年11月15日 14:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。