Re:【オタクの電脳blog】ブログエントリ完了

2015年02月25日

真夏竜の獅子の独り言。真夏座座長。拝啓皆皆様!竜じいです。週中の水曜日、皆さん如何お過ごしでしょうか?昨日のラジオ収録ですが、無事に終える事が出来ました。連日報道されている 少年の殺人事件…詳しい事はまだ判らないのですが…いずれにしても、周りの大人たちは何をしていたのでしょうか…何ともやりきれない事件です…。皆さんにとりまして、今日も平和な1日で有りますように。では叉次回!竜



この記事へのコメント
収録お疲れ様でした!

昔はケンカしてもここまで・・という暗黙のルールが
あったはずですが、それが無くなりましたね。

本来、子供たちを育て、導いてあげなければならないはずの
大人社会自体がおかしくなってきているので、
このような事件がまだまだ増えると思われます。

子供たちの「考える力=善悪の判断力」を養う為にも、
民話に触れる機会をどんどん増やしてあげたいですよね、ホントに。
Posted by GRS at 2015年02月25日 09:49
上村君は小学6年生の途中まで隠岐島に住んでおられたようで、長い間育ってきた環境が異なり、生活の違いからこの様な殺害されるまでに至る結果になったのではないでしょうか。
私も父の転勤で小学6年生の1年間だけ大阪府高石市に在住していましたが、言葉や振る舞いの違いからか、半年間激しいイジメに遭いました。
その際は当時の私の担任が異変に気付き、10月には完全にイジメがなくなり、事なきを得て翌年3月に無事に卒業いたしました。
そのような事もあり、3人の子供を抱えている私の弟は、独身の際に購入したマンションに住んでから、家族が一人二人と増えても絶対に転居したがりません。
自身の子供達に同じような境遇にさせたくないのでしょう。
職場も地域密着型の不動産会社に20年間勤務しております。
親御さんにどのような理由で隠岐島を離れたのかは別の話題としても、少なからず子供の心境には大きな影響を受けてしまう出来事と感じました。
上村君は戻る事が出来ませんが、少しでもこの様な悲しい凶悪犯罪が無くなる日本であってほしいです。
Posted by ハヤブサ at 2015年02月25日 09:49
親御さんのお顔が見えないという事件がおおい気がしますね。大人は仕事だなんだと大変だから子どもは自分で折り合いつけてよって思っても、小さな身体、精一杯生きてる事を忘れたくないですね。
Posted by 智子 at 2015年02月25日 12:45
報道されてる記事を読んでるだけでも、痛々しく恐ろしい事件です。
かつての女子高生コンクリート事件を連想させるものがあります。

上村君のご両親は離婚しており、母親が引き取ったとのことでした。
その母親が看護士で夜勤のため家を空けることが多かったそうです。

そのため、その時間帯に犯人グループ(と思われる)に、連れ出されても気づかれにくかったのでは?と、記事では書かれていました。

離婚の原因はわかりませんが、そのために育った隠岐の島から離れ、川崎で犯人たちと出会ってしまいました。

彼らから離れると暴力が酷くなるから怖くて離れられず、そのまま抵抗できないように仕込まれたうえで殺害されるなんて、犯人は人間じゃない、鬼畜ですよ。

普段、ニュースでも殺人事件は毎日のように報道されてますが、それを聞いても慣れてしまっている自分がいました。
今回の事件は、会った事のない上村君に対し、涙が出てしまいます。

本当に悲しい事件です。

子供を守るのが大人の使命だと思いますが、甘やか過ぎて間違った方向に行っていないか、と感じています。
ここ最近の子供を持たれる大人の方の、あり方を見て不安に思うのですよ。

大事にするということを、踏み間違えないように、大人たちが気を付けなければいけないと思います。

そして目の前で見えない事実にも、気を配らなければいけないと改めて感じました。
Posted by にゃんすけ at 2015年02月25日 13:42
あまりにも痛ましい事件ですよね…
どうして息絶えるまで人を痛め付けるんでしょうか…
どうして平気で人の命を奪うんでしょうか…
喧嘩のやり方を知らない子供たちだからなのでしょうか…
私の幼少時代は取っ組み合いの喧嘩なんて当たり前にやって自分で痛みを知りやってはいけないことを覚えたものです。
今の子供達は可愛がられあまやかせられ、バーチャルの世界をみて現実が理解出来ていない…
バーチャルの世界での喧嘩を覚え人の痛みを知ることがないし、自分が痛い思いをしたことがないから余計だと思います。平気で刃を振り回す…信じられません…こんな事件を起こすのは周りの大人の責任なのだと思います。
今の御時世は過保護になりすぎです。
Posted by みっちゃん at 2015年02月25日 14:50
 アメリカで排水路に入り込んだマナティを大勢の人間が救助するニュースを見ました。人は命を助けたいという願いがあると思います。その一方で仲間をリンチするようなダークサイドも持っています。それは特殊な人物だけが持つ性質ではなく、精神のバランスが崩れた時に誰もがそうなってしまうのではないでしょうか。
 子供の頃、差別された事がありました。その時、勇気を忘れちゃいけない、優しい心もなくしちゃいけない、と励まし続けてくれるヒーローが心の中にいてくれました。お陰様で今もダークサイドには行かずにすんでいます…。もし誰にも言えない苦しみに耐えかねている方は、獅子座から来たヒーローに心のメールを送るとすぐに返事が来るはすです。
「あなたはひとりきりじゃないよ」
Posted by ウルトラマンベガ at 2015年02月25日 15:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。